外壁塗装で実施する工法について知っておこう

塗料には種類がいっぱい

外壁塗装で利用される塗料には様々な種類があります。外壁以外の箇所も塗装する場合は、同じ塗料を使用する必要があります。塗料によって耐用年数が違いますので、別々の塗料を使ってしまうと耐用年数が短いところから剥げてくるのです。いちいち剥げたところをこまめに塗装するとかえって費用が高くなりますので、同じ塗料を使う必要があるのです。札幌には色んな塗装業者がいますが、同じ塗料を使用するのか確認すると良いでしょう。

外壁にはこのような塗料が使われている

  • アクリル
  • ウレタン
  • シリコン
  • フッ素

外壁塗装で実施する工法について知っておこう

刷毛で塗る

昔から実施されている工法です。他の工法より時間を要するのが難点ですが、場所を選ばないのがメリットでしょう。またどのような仕上がりになるか塗る人の腕に大きく左右されます。この工法で良い仕上がりにしてくれるところは腕が良いと言えるでしょう。

ローラーで塗る

刷毛で塗るよりも短時間で仕上げることがメリットです。また比較的周りに塗料が飛散しないのも大きな利点と言えるでしょう。

スプレーで塗る

ムラになりやすいのが少々難点ですが広範囲の箇所を塗装できます。ムラになっていないか塗装後にチェックして、ムラがあれば業者へ言いましょう。

過去の実績を見せてもらったほうが良い

どの工法でも職人の腕が悪ければ仕上がり具合がひどいものになります。京都には数多くの外壁塗装業者がありますので仕上がりがよいかどうか過去の塗装の実績を見せてもらうのが良いでしょう。

広告募集中