加齢と共に忍び寄る病魔|脳梗塞を発症させない方法

子供向け診療

病院

子供向け診療を行う小児科の場合には、診療態勢にも一工夫が必要です。子供は、大人に比べて感受性が強いのが一般的と言えます。そのため、特に学童前の幼児の場合には病院に対してネガティブ印象を持つことがあるのが問題です。一度このような感情を抱いてしまうと、診療にも支障を来してしまうことがあります。こうしたことから、昨今では子供向けの診療に新しい試みを行う小児科も見られます。病院の雰囲気を極力排して、受診しやすい環境を作る医療機関が増えている状況です。伊丹にもこの手の小児科が開設されており、地域でも注目を浴びます。受診の際の不安や恐怖感を減らすことが、現在の小児科の一つの課題です。今後は、雰囲気を重視する小児科が全国的に増えていくと予想されます。

伊丹の小児科では、院内のインテリアにかなりの工夫を凝らしているのが特徴です。テーマパークを彷彿させるようなコーナーを待合室の数カ所に設けており、待ち時間を楽しく過ごせるような雰囲気が築かれています。電車や森といった子供たちが興味を持ちやすいモチーフが取り入れられているため、終始時間を忘れて楽しむことが出来ます。楽しい趣向を凝らしながらも、肝心な所には医療機関ならではの配慮をしているのが、この伊丹の小児科です。例えば、感染症などの際に利用が出来る別室を用意して、院内感染を防ぎます。医療設備も充実しており、心臓や腹部の詳しい検査も可能です。伊丹の小児科は子供目線の診療が行われているとして、好評を得ています。