加齢と共に忍び寄る病魔|脳梗塞を発症させない方法

子供向け診療

病院

受診しやすい雰囲気を実現することが、現在の小児科の課題です。今後は、雰囲気を重視する小児科が各地に増えていくと考えられます。伊丹の小児科では、院内に楽しいコーナーを設けているのが特徴です。子供目線で診療を行っており、地域でも高い評判を得ています。

詳しく見る

疾患の現実を学ぼう

病気

時間が勝負になります

脳梗塞という疾患と向き合うとき、一番重要な事は疾患を発症させないことです。しかしこれには限界があります。たとえば、更年期障害は血管を硬化させて脆くします。また加齢により人間は血圧が上昇します。これらはどれも脳梗塞が発症しやすい条件といえます。よって脳梗塞を完全に予防することは難しいと考えるべきです。現実的には予防に力を入れながらも、発症時のことを想定して日々行動することが重要です。脳梗塞は発症してから4.5時間いないなら、効果的な治療が可能な疾患です。しかし、発症して疾患が進行した場合には、様々な障害が発症し生活の質は低下してしまいます。時間が勝負になる疾患で、病院などでは脳梗塞発症者をすぐに治療できるように、救急隊と連携して訓練を行っているところもあります。加齢と共に忍び寄る病魔に気をつける必要があるのだ。

特徴を事前に学習しておく

脳梗塞の医療においては、予防が何よりも重要です。そのため、脳梗塞の予備軍と健康診断などで診断された場合には、様々な対策を行う必要があります。対策の一つとして、脳梗塞発症時の症状を知る必要があります。脳梗塞が発症した場合の症状としては、片側の麻痺やしびれが特徴的な症状です。脳血管は左右対症ですが、詰まる血管は左右対称にはならないため片側になります。また構音障害という症状が出現します。これは上手く言葉を発することができない症状で、一過性脳虚血発作によく見られる症状です。これらの症状が見られる場合には、早期に病院を受診すべきです。治療は脳血管の中の血栓を溶かす薬を使用します。これにより麻痺などが残ることなく日常生活に復帰できる可能性が高まります。

体調不良の原因

看護師

甲状腺の機能は、体調の好調、不調と深く関わっています。甲状腺が正常に機能しているか否かは、血液検査をすれば判明します。そして、治療法も確立されています。ストレス社会に生きる現代人は体調不良に陥りがちですが、体調不良の原因が甲状腺にあると考えることは大切です。

詳しく見る

早期治療によって直るがん

相談

乳がんは早期発見して早期治療すると完治する病気です。そのためには定期的に乳がん検診をする必要があります。今はマンモグラフィによる検診が主流ですが、最近はPET検診という新しい検査法が導入されています。発症リスクが多いのは肥満女性と出産経験のない女性なので、よけいに乳がん検診が必要です。

詳しく見る